富田林青年会議所

井関さん

一般社団法人富田林青年会議所

第50代理事長 井関弘明

理事長所信

はじめに

我々、富田林青年会議所は1968年の高度成長期の中で富田林市、河南町、太子町、千早赤阪村を活動の場に設立され、現在に至るまで諸先輩方がより良い社会を目指し脈々と

受け継がれてまいりました。そして本年2018年は創立より遂に50年目に当たります。

半世紀に渡り諸先輩方が目まぐるしく変化する社会情勢の中で解決策を世に問い続け今に至ったことにメンバー全員で誇りを持って頂きたいと思います。またその偉業を見直し次世代へ繋げるための布石となる年にしなければなりません。

しかしながら半世紀経った現在の社会情勢は人口減少や不景気に喘ぎ、富田林青年会議所内のメンバー数も全盛期の4分の1以下に減少している現実があります。年々厳しい運営状態にさらされていますがこの節目に変えるべきところは変えることをしていかないと今後に続かない事態になっていると感じています。メンバー全員が危機感をもって運営を考えなければならないと思います。伝統と歴史は継承しなければなりませんが、ただ継承するだけでなく本質を理解して継承して欲しいと思います。また、現在の社会情勢を踏まえたJC運動を展開し更なる飛躍をして頂きたいと強く希望しています。

 

 拡大

我々のJC運動の主軸は「ひとづくり」と「まちづくり」が根幹です。

そのいずれにおいても一人で達成するものではありませんし、同じ志を持った仲間と行動を共にしなければ運動にもなりません。

そして、青年会議所は会議を行う団体です。計画立案を会議で行い、計画実行後の評価も会議で行います。もちろん計画の実行も一人では全く不可能です。つまり拡大、仲間を増やすことは我々の生命線であるということです。また、運動や会議の質の向上のためにも更なる人材の獲得は必須と考えています。

 

ひとづくり

我々がひとづくりにおいて目標とするところは社会貢献できる人材の育成であり、真の社会人とは社会貢献に志を持って実行している人材であると考えます。しかしながら社会貢献といってもメンバーそれぞれに解釈が異なるでしょうし、またそもそも社会貢献にも決まったアプローチはないはずです。私はメンバーの個性や考え方を大切にしたいと思っています。自分なりの社会貢献の真意を見出し、それを志として持って頂きたいと思っています。我々は優秀な人材を育成するだけの団体ではありません、むしろ強い志のある人材を輩出する団体であるべきだと思います。

強い志は他の何物にも勝ります。

 

まちづくり

まちづくりとは基本となる指針となるものを地域に密着して見出す必要があると考えます。

少子高齢、経済格差等の問題はメディアにも頻繁にクローズアップされていますが表に出ない地域特有の問題も数多くあります。まちを知ることを第一の行動にしてください。確かな情報が手元にあれば我々が行うべき行動は簡単に見つかるはずです。

まちを知ろうとすることで見えなかった魅力を発見できるかもしれません、自治体の協力を得ることが出来るかもしれません、素晴らしい出会いがあるかもしれません。

地域のために我々が考え、行動することで真の地域活性を世に問いたいと思います。

 

50年目への思い

創立から半世紀経つ節目となる年、過去を見直し未来を考えるときでもあります。

青年会議所の内外を問わず、未来に活躍する世代へバトンを繋げるためには何を残し、何をすべきかを考える年にします。そして、以降の富田林青年会議所の活動の方針を未来へ残します。また、我々はJCIがアメリカの地に創立されて100年経った今現在でも同じ信条(クリード)を持って活動を続けています。この節目に我々の原点でもある信条(クリード)の意味をもう一度理解する機会にもしたいと思っています。

 

結びに

青年会議所は行動無き者には何も与えてくれません。

入会したからといっても在籍しているだけでは全く無意味な時間を過ごすことになってしまいます。

20代、30代の貴重な時間に行動を起こし、徳を積んでください。

その徳は必ず己の器量を大きくします。

 

 

2018年度スローガン

Ambitious actions

~志ある行動で未来を開拓しよう!~

 

 

一般社団法人富田林青年会議所

 第50代理事長 井関弘明