富田林青年会議所

DSCF9091 (2)

一般社団法人 富田林青年会議所

第53代理事長 村瀬 喜久一郎

理事長所信

はじめに

今さらですが、そもそも「JCとは何ぞや?」と。皆さんはどんな風に感じていますか? 今回、理事長をさせていただくにあたり、まずはそんな基本的なことに、思いを巡らせています。

歴代理事長の先輩による「所信」には、戦後荒廃した日本の再建を目指して、1949年に東京青年商工会議所が、1968年には富田林青年会議所が先輩方の手で設立され、日本のため、郷土のために尽力してきたという事実が記されていました。ふと、「受けるよりも与える方が幸い」という言葉を思い出しました。人間は誰かに助けてもらうことも嬉しいけれど、誰かのために自らの力を使って頑張ることにも喜びを感じる生き物なのだと、JCの原点を思いながら、今あらためて感じています。

新型コロナウイルス感染症は、富田林JCの地元はもとより、日本中・世界中に、やはりその傷を残し続けています。その無数の傷の中には、まだ声を上げることすら出来ない、小さな子ども達の将来さえあります。

JCの原点が戦後の荒廃にあることを思えば、我々が生きる現在は、ある意味で最もJCの「原点」に近しい時代なのだと感じています。豊かで平和な時代には、何をしたら良いのか分からなくなることが、人間にはあります。誤解を恐れずに言えば、2021年は例年以上に、我々JCにとって“やりがい”のある、多くの地域の皆さんに喜んでもらえる、そんな可能性のある年です。だからこそ、より一層「対外」に目を向けて、富田林JCは活動していきます。

富田林JCが「地域」とともにあること。そのために、今まで以上に、地域の皆さんの目に見えるところで一緒に、積極的に活動をしていくつもりです。同じ時間を共有することは、立場や所属を超えて、思いや希いを同じくすることにつながっていきます。2021年は、JCの原点に還る「遡上」の年です。我々が出会える人々が、特にまだ小さな子ども達が、いつか「JC」という言葉に憧れをも抱いてくれることさえ信じて、原点の扉をたたきつつ、歩みを進めていきます。

 

会員拡大

今年は25名の仲間とともにスタートします。人間関係という信頼をきっかけに入会してもらうことも重要です。それと同時に、地域の皆さん、言わば不特定多数の皆さんに、JCを知ってもらい共感してもらって入会していただく努力も、極めて大切なことだと思います。例会をはじめとする「対外」の皆さんへのあらゆる取り組みは、そのまま拡大のための活動でもあります。あらゆる機会を通して、JC活動に共感していただけるようPRし、今年度の成果だけではなく、将来の永続的な会員拡大につなげていきます。

 

ひとづくり

縁あって入会していただいた会員の皆さん。でも、入会後のコミュニケーションへの喜びや、自分の力で誰かに喜んでもらえるといった“やりがい”がなければ、やはりJC生活は長くは続かないだろうと思います。「愛の反対は、憎しみではなく無関心」とも言います。先にも掲げたJCの原点を、会員みんなで共有できるように。そして、会員間の絆を強めていけるように。そして、誰かに喜んでもらえるようなあらゆる取り組みを進め続けていけるように、そんな視点で“ひとづくり”を目指します。

 

まちづくり

そして、何よりも大事ことは、地域にあって、新たな命・子ども達の将来のために活動し続けることです。新型コロナウイルス感染症の影響もあり、一層苦しんでいる方々も増え続けている昨今です。特に、まだ自らの力だけでは“希い”に到達できない子ども達への取り組みは、どんなことより大切なミッションです。それこそが、本年度の我々の最大のテーマです。

子ども達のために何が出来るか。それは地域がどんな“まち”でありたいかということでも あります。これまでも続いてきた青少年健全育成事業はもとより、行政やあらゆる団体とも連携しつつ、子ども達の喜びや救いになるような取り組みを最重要と位置付けて取り組んでいきます。

 

結びに

今日、この所信を皆さんに御届けするまでにも、様々な課題・問題に直面しました。今年度のスタートが、たくさんの仲間の皆さんに支えていただき迎えられていることを深く感謝しています。一緒に活動していただく皆さんに、一つだけ、強く御願いしたいことがあります。人間の命、それが明日にはどうなっているかなど、我々には分かりません。もしも明日、自らの人生に終わりを迎えることになったとしても、決して悔いないように、決して思い残しをしないように、本当にやりたいことは何なのか、一緒に向き合って下さい。 大げさに聞こえるかも知れませんが、人生の最後に、誰にどんな喜びや救いを残していけるのだろうかと、それぞれが必死に向き合うことも、きっと大事な“ひとづくり”なのだと思えてなりません。

どうか皆さん、この一年も今まで以上に良き時に出来ますように、ともに歩んで下さい。 宜しく御願いいたします。

 

 

 2021年度スローガン

「遡上」~JC、その原点に還る~

 

 

一般社団法人 富田林青年会議所

第53代理事長  村瀬 喜久一郎